キレイな仕上がりを期待することができるので便利です

フライヤーの特徴とは

インク

自主的に手に取ってもらうことが重要です

店舗の紹介や割引券、学校のパンフレットなど様々な場所で活躍するのが、フライヤーと呼ばれるものです。フライヤーは大まかに分類するとチラシのようなものですが、基本的に店舗や学校に置いて使用するのが特徴です。フライヤー印刷を行うにあたって最も重要なポイントは、人が手に取ってじっくり見たい、と感じるものにすることです。とにかく多い枚数を配って人の目に触れてもらうことを目的としたチラシ印刷とは異なり、お客が自主的に手に取るということが大切なのです。自主的に手に取ったものは必ずしっかり目を通しますので、何も見ないでゴミになるというようなことは少なくなります。そのため、画像や写真、テキストは出来るだけ目を引くデザインにしましょう。また、出来るだけ高級感のある用紙に印刷することも大切です。ぺらぺらで薄い紙に印刷したものは、後でやぶれたりなくしたりしやすくなります。厚い紙や、形にこだわった紙などを選びましょう。このように細部にこだわることが重要なフライヤー印刷は、自分で作るのではなく、専門の業者に頼むのがおすすめです。特殊な用紙を大量に扱うのは業者の方がお得ですし、自分では考え付かない、目を引くデザインを提案してくれる場合もあります。フライヤー印刷を依頼するためには、どのようなデザインにしたいか、どこに置くか、何枚作るか、などを具体的に考えておきましょう。それに沿って打ち合わせを行い、フライヤー印刷を行うためです。