キレイな仕上がりを期待することができるので便利です

印刷用紙の選び方

印刷機

印刷用紙を選ぶポイント

イベントやショップなどの宣伝に使用されるフライヤー印刷。宣伝効果を高めるためには、人の目につきやすいデザインを採用すると良いといわれています。ところで大量にフライヤー印刷が作成するときは、印刷業者に注文することになります。ところが、いざオーダーを出そうとしても、用紙が何種類もあるため、どれが良いか分からないという経験をした人が少なくありません。業者によっては紙サンプルを送ってくれるところもありますが、それだと時間がかかってしまいます。そのため、フライヤー印刷を依頼するときには、印刷用紙の種類と基本的な特徴を知っておく必要があります。光沢紙(コート紙)は、表面を塗料でコーティングした光沢があって、ツルツルとした感触が特徴の印刷用紙です。鮮やかな画像が印刷できるため、写真が多く入ったり色を多く使ったりする広告に向いている印刷用紙です。実際に、新聞の折込広告や女性ファッション誌でよく使われています。マット紙は、コート紙よりも光沢を抑え、さらっとした感触が特徴の印刷用紙です。色がややくすんで表現されるため落ち着いた雰囲気をもち、さらに高級感も併せ持っています。文字がくっきりうつるため、文字が多いフライヤー印刷に向いている印刷用紙です。会社案内や名刺などで良く見かける印刷用紙です。普通紙(上質紙)は、パルプ原料のみで作られていて、ざらついた質感が特徴の印刷用紙です。コピー用紙に近いというと分かりやすいかもしれません。表面に何も施していないため、鉛筆での書き込みができます。アンケート用紙や書き込みができるチラシなどに向いています。