キレイな仕上がりを期待することができるので便利です

フライヤーの作り方

印刷機

用紙の選び方について

チラシやフライヤーは、様々な場面で使われる身近なアイテムです。ポストに入れたり、街頭で配ったりするのがチラシの特徴ですが、フライヤーは人が自主的に手にとることを目的としているため、置き型にし使用することが多いです。このようなアイテムを作る場合は、業者へ依頼しましょう。大量に安く作ってもらうことが出来ます。また、フライヤー印刷を行うに当たって、ポイントとなるのが用紙の選び方です。フライヤーは基本的にポスティングするのではなく、お店に置いておくというスタイルが主となるので、高級感や厚みがある方が手に取ってもらいやすいからです。例えば、人気なのがコート紙と呼ばれるものです。コート紙は表面に光沢があり、特に写真を印刷したとき美しく見えるという特徴があります。フライヤー印刷に使われる用紙の中では特に人気が高いので、どの業者もおすすめしていることが多いです。コート紙に比べ、光沢を抑えた用紙がマット紙です。より重厚で、かつツヤもあるので高級感を出したい場合におすすめです。また、一番費用が安いと言われているのが上質紙です。手に取った感触はよくある普通の紙ですので、フライヤー印刷よりは、ポスティングが多いチラシ印刷に使われることが多いです。ただ非常に費用が安いので、大量に安く作りたい場合には検討してみると良いでしょう。それぞれの用紙の特徴に合わせ、より良いデザイン案を作り効果のあるフライヤー印刷にすることが大切です。