キレイな仕上がりを期待することができるので便利です

販促効果のあるアイテム

印刷機

依頼の流れについて

フライヤー印刷とは、販売促進効果や宣伝効果を目的として作るチラシの一種です。自宅にポスティングすることもあるチラシとは違い、店舗に置いて自由に手にとれるようにする、といったような使い方をします。また、小さなサイズのものや、厚みのある特別な用紙を使っている物をフライヤーと呼ぶこともあります。企業や学校のパンフレットなどにフライヤーを使いたい場合は、フライヤー印刷の専門業者へ依頼をしましょう。依頼の流れとして、まずはインターネットや電話で見積もり依頼をかけます。何枚作りたいのかということや、大まかなデザイン案、主となる目的や予算を相談し、仮デザイン案と見積もり出してもらいチェックします。仮見積もりで納得がいったら、実際に発注をかけます。発注したら、もう一度細かく相談をし、より細部にこだわったデザイン案を提出してもらいます。打ち合わせを繰り返し最終的なデザイン案が決まったら、入稿して印刷、納品という形になります。納品後は、振込で入金し、取引は完了になります。トラブルを避けるためにも、枚数間違いやデザインに変更がないかなどは、しっかりチェックしておきましょう。フライヤー印刷を業者に頼むメリットは、やはり品質の良さです。チラシと区別するためにも、高級感にあふれ、人が手に取って見たいと感じるものでなくてはならないので、品質はとても重要です。素人では作れない目を引くデザインや特殊な用紙は業者でしか扱えないので、ぜひフライヤー印刷専門業者を利用してみましょう。